think-blog’s diary

🌈「書籍」「旅行」「美容」「スポーツ」「社会」記事を毎日連載中!!🌈

面接で「実はやってはいけないこと」

f:id:think-blog:20191012101657p:plain

はじめに

だれもが経験したorこれからするであろう「面接」。では、どのように話せば、より伝えられることができるのでしょうか?逆にやってはいけないことがあるのでしょうか?

 

 

 

 

①面接前の準備

欠かせないことは「会社を調べる」ことです。

その中でも「企業理念」は最も会社内部の外枠を把握するのに便利です。

さらに自分と会社の方向性や、「何を一番大切にしているか」が一目瞭然ですのでお勧めです。

上記のような「会社情報は何で調べるのがいいの?」とよく伺いますが、私は「コーポレート記事」や「IRページ」を推します。理由は会社の「課題」「方向性」「景気」など様々なジャンルが細かくわかるからです。また、他社と比べる材料にもなり、汎用性が非常に高いです。

 

 

②面接で絶対にやってはいけないこと

  1. 聞かれてもいないことを話し続けること
  2. 一方的に話し続けること
  3. 無表情

これら3つの項目は注意してください!!理由は面接時間が限られた中で、○○し続けるというのは、そもそも会話が成立していないことを指します。無表情で不愛想でも会話していてつまらないし、嫌ですよね?

面接は会話なので、言葉のキャッチボールを心掛けましょう!

 

 

 

③誰でもできる面接で実践すべきこと

  1. 明るく接する
  2. 相槌をする
  3. 面接官に質問する

基本的には「話を聞いてくれている」という印象が持たれます。3つ目の質問に関しては面接官に「なぜ○○さんはこの会社で働いているか?」と聞くことで、一社員の意見が伺えるのと同時に「自分に興味を持ってくれた」という好感が持てます。

面接担当者さんを覚えるのも、好印象になるかもしれません。

このように質問の練習もしてみるといいですね!

f:id:think-blog:20191012111758j:plain

 

 

④まとめ

文章で理解していてもできないことは沢山あるので、「面接」を繰り返し受け、自分の形に当てはまるようにしていってください♪

その経験は「内定」や「就職」というゴール以外にも役立ちます!!

一緒に経験値を積んでいきましょう (^^