think-blog’s diary

🌈「書籍」「旅行」「美容」「スポーツ」「社会」記事を毎日連載中!!🌈

プレミアムフライデーのように休みを勧めるのはなぜ?

f:id:think-blog:20191016143550p:plain



前回の「働き方改革」に付随して今回は「プレミアムフライデー」を取り上げました!

皆様はプレミアムフライデー、ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

①「プレミアムフライデーとは?」

2017年の2月から始まった月末の金曜日の退社時間を午後3時にしようというものです。

 

 

 

 

②「なぜプレミアムフライデーを作ったの?」

国民の個人消費を増加させるため!少し補足説明すると、政府は2020年までに名目GDP600兆円の実現を掲げていました。そのGDPの約6割を占める個人消費を増加させようという狙いでした。

f:id:think-blog:20191011092649j:plain



 

 

 

 

③「実際どうなったの?効果はあったの?」

結局、2年ほど経ちますが浸透してないというのが筆者の意見です。また、世論として「旅行業界や外食産業などのサービス業従事者は働かなければならないので不公平」「時間給で働いている人は早く帰るとそれだけ収入が減ってしまう」といった批判的な声もありました。

 

 

 

 

 

④「次の策は?」

今度は日曜に遅くまで遊び、その代わりに月曜の午前中は半休をとるという「シャイニングマンデー」を検討しているとかいないとか…

 

 

 

 

⑤まとめ

上記のような改革は大企業が主な対象で、あおりを受けるのはその他中小企業だと思いますが、そうなると本末転倒です。