think-blog’s diary

🌈「書籍」「旅行」「美容」「スポーツ」「社会」記事を毎日連載中!!🌈

働き方改革とは?なぜ必要?

f:id:think-blog:20191011091241j:plain

「働き方改革とは?なぜ必要?」

 

結論:長時間労働という当たり前の概念を見直し、女性や高齢者が活躍できるようにするため。

 

 

 

 

 

①「働き方改革とは?」

  • 長時間労働を改善するため、残業時間の上限規制
  • 非正規社員と正規社員の格差をなくす同一労働同一賃金
  • 在宅ワーク  など

上記の制限をすることで労働時間を短くし、生産性を高めようではないか!!という改革のことです。

 

 

しかし、この改革にはデメリットもあります。それは

  • 時間に対する仕事の過密化
  • 給与が減る場合もある

という事です。

時間に対する仕事の過密化とは、「休みは増やしましたよ!でも、仕事量はいつもと変わらないですよ」と言われているようなもの…

つまり、{今までより少ない時間でいつも以上のクオリティを求められている}という事です。

さらに給与が減るというのは残業代が減るという事…

 

 

 

 

 

②「なぜこの改革が必要なのか」

日本の労働力人口を確保するためです。今団塊の世代が定年退職して、15歳から64歳までの労働力人口が大幅に減少しています。この穴を埋めるために女性と高齢者の働き手を増やそうとしたわけです。これは安倍政権が目指す「一億総活躍社会」の実現と重なってくるということです。

 

 

 ③まとめ

労働時間が減る点はいいですが、残業代などの給与がもらえない点は改善するべきですよね。